LoR感想(20/6/3~20/6/12リリース分)

 LC非公式二次創作アンソロジー「ロボトミー社管理報告録集」通販開始してます。
 素敵な作品が集まったので是非よろしくお願いします。

 以上宣伝でした。
 LoRの更新ペースが全然つかめない今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。
 ということで次がきちゃう前に感想です。

 強い敵が出てきたと思ったら強い敵が出てきたしやっぱりナーフされた。
 いよいよ顔を見せた特色の人、終止符事務所に依頼をしたという協会、歯車教団。ヤバい新興宗教がここにはある。
 アルガリアさんが何を目的に歯車教団の教祖を求めたのかはまだ分かりませんが、終止符事務所の面々を図書館に送り込むのは目的通りだったのかな? アトリエロジックとかいう工房、気になりますね。
 謝肉祭もやべーですね。人肉から生地を作る。フレーバー的には大好き。こちらも重要そうな人物が顔を出してましたね。
 そして夜明事務所。何回見ても「黎明」って呼んじゃう。サルヴァドールさんとローラン君が知り合いっぽくて期待したら、まあそりゃいっぱいいるフィクサーの事なんて重要な相手じゃない限り覚えてないですよね……
 手に入る本を見る限り、フィリップ君が逃げたみたいなのでルルちゃんみたいに復讐しに来るんでしょうか。怖いなぁ。

 視線事務所は可愛いですね。ダロクちゃん可愛い。ページも強い。ちょうどモー達の上位互換かな?

 それから愛の町。よくこんな多様な地獄をお出しできるよなというか、トミーとメアリーやっぱりゲストになるのね。
 最初は聖人君子のように振る舞っていた医者と看護師も時間が経つにつれて支配者側に。何かしら目的があって意図的にああいう事態を起こしたのでは?と読んでいますが、それにしたって千年以上あそこであれやこれやしてたの、理性が強すぎて怖い。
 欲を言えば肉塊になれるコアページが欲しかったな……

 指定司書達の話は一回目の人生に言及してて感慨深いものがありましたね。ネツァクをはやしたてるローラン君とか。
 各々のカルメンとの出会いや会社に参加するきっかけが話されてて、印象深かったです。
 マルクトちゃんが「一回目はまるで別の人のように感じる」と言っていたのが特に印象的でした。わたし、LCの二次創作をする時は、一回目の人生は他人のように感じるんじゃないかとちょっと思いながらやってたので、結構うれしかったり。

 ところで技術科学の階の幻想体バトルはハブられたわけですが。怖い。どうすればいいの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました